環境学習事業紹介 区民・事業者向け

新宿区の環境情報と環境活動の発信拠点です。区民・団体・事業者・NPO/NGO・行政との連携・協働で、持続可能な社会づくりに向けた様々な体験プログラムを企画・運営・実施しています。
自分たちの暮らしを見直し、環境について考え、できることを実践するきっかけが生まれるようなプログラムを多くの区民のみなさんとともに企画・実施しています。また、「人との対話」によって学びが深まり、活動がさらにひろがることを目指しています。

「身近な自然」講座
画像

▲初めて見るセミの変身におとなもこどもも感動しました

遠くへ行かなくても、身近な生き物や植物を通して自然の繊細さ、素晴らしさに気づくことはできます。
基礎から学ぶ寄せ植えや、セミの羽化観察会など、自然を体感できるプログラムを企画しています。
新宿「みどりのカーテン」プロジェクト
画像

▲育て方を分かりやすく伝える説明会

区内でゴーヤーを育てる取り組みです(2008 年~)。区民にできる地球温暖化防止策としてはじまりましたが、 ゴーヤーについて話し合う友達(うりとも)の輪もひろげ、地域のコミュニケーションを活発にしています。
育て方を伝えてゴーヤー苗を配布する説明会から、育ち具合やおいしい食べ方について話し合うサロン、みどりのカーテン探検、土のリサイクル、生ごみからたい肥づくり、生育記録シートの展示会、表彰式まで、年間を通したプログラムをプロジェクトメンバー(区民)と一緒に作り上げ、実施しています。
新宿区エコリーダー養成講座
  • 画像

    ▲容器リサイクル工場(株式会社トベ商事)見学

  • 画像

    ▲ゲームを交えて楽しく学びます

暮らしや地域の環境課題に気づき、自分たちにできることを考え、実行する地域の環境活動リ―ダー養成を目指す連続講座です。
区内環境施設や企業などの見学、ワークショップ形式による講義で学びを深め、最終的にはグループで話し合った成果を発表します。講座修了生とともに企画運営を行っています。
サイエンスカフェしんじゅく
  • 画像

    ▲その場で集まった人同士でアイデアを出し合う一期一会のグループワーク

  • 画像

    ▲『趣味は宇宙開発』と言える時代へ」(ゲスト:リーマンサット・プロジェクト)

“科学の視点で、エコを考える” をコンセプトとして、持続可能な社会づくりに向けて、科学や環境をテーマに理解を深めたり語らったりする、対話型ワークショップです。毎回、さまざまな分野で社会課題に対して先端的な取り組みをしているゲストスピーカーをお迎えし、多様な視点で社会を見つめ直し、新たなエコ活動のつながりやきっかけをつくります。
「3R」関連事業
“科学の視点で、エコを考える” をコンセプトとして、持続可能な社会づくりに向けて、科学や環境をテーマに理解を深めたり語らったりする、対話型ワークショップです。毎回、さまざまな分野で社会課題に対して先端的な取り組みをしているゲストスピーカーをお迎えし、多様な視点で社会を見つめ直し、新たなエコ活動のつながりやきっかけをつくります。
「省エネルギー」関連事業
照明のLED 化に向けた取り組みをはじめ、家庭などで身近に進めることのできる省エネルギー活動に関する普及・啓発をしています。
省エネ技術研修セミナー
「新宿区エコ事業者連絡会」と連携し、環境経営や省エネ技術に関するセミナーを開催することで、事業者間の環境コミュニケーションを促進しています。